学生時代の苦いニキビ経験・・・

思春期のシンボルとも言われるニキビですが、そのニキビのせいで
「学校に行きたくない!」とまで思わされた経験があります。
きっと、他人からすれば「大したことないじゃん。」「そのくらい大丈夫よ。」
などと思うんでしょうが、ニキビづらの本人からすると
人前に出たくないほど、ニキビがいやで仕方がない時期がありました。

「「学校に行きたくない!」学生時代の苦いニキビ経験」
特に、私の周りには私ほどひどいニキビに悩んでいる人がいなかったから
余計に苦しかったんだと思います。
一番やっちゃあいけないことだけど、つい、友達の肌と自分の肌を比較して見ちゃうんですよね。
そうなると、もう自己嫌悪というか、ニキビづらの自分が余計に嫌になってくるんです。

しかも、ニキビができやすい肌質だからか?
夕方になると顔が猛烈にテカテカになっていました。
しょっちゅう、脂取り紙でテカりを抑えたり、ハンカチで皮脂をとったりしてみるが、
やっぱりすぐに湧き出てくる皮脂、テカり。
これも私にとってはとても恥ずかしい現象でした。

私のニキビ肌を見て友達はどう思っているんだろう。
陰口叩かれてるんじゃないか?なんて被害妄想まで抱いたこともありました。
それが、余計にストレスになってさらにニキビを増やしたり悪化させていたのかもしれません。
当時は、皮膚科にも通っていて塗り薬を塗ったり、内服薬を飲んだりしていたのに、
ほとんど効果がなかったのもストレスになっていたのかも。

そして、今ほどニキビ治療に有効とされる情報が得られなかったのも
ニキビが悪化する原因だったように思います。
ネットが広まって情報が入ってきだしたと同時に私のニキビも改善してきたからです。

それまでは、ニキビを治すための正しいケアの仕方を良く知らなかったし、
食事を改善させるなんてことも知らなかったせいで、行っていませんでした。
情報が入ってきて、正しいニキビのケア方法を知って行くことで
次第にニキビも減っていったことを覚えています。
あとは、化粧ができるようになったのもニキビによるストレスの軽減につながったように思います。
ファンデーションやコンシーラでニキビもニキビ跡も綺麗にできることで
ニキビづらの自分が気にならなくなりました。
ファンデーションによってニキビを隠せることでストレスを感じなくなるとニキビも減っていきましたよ。
昔は今ほど学生が化粧をするってことがなかったから、ファンデーションで隠すなんて方法を思いつきませんでしたが、現在、「学校に行きたくない」ってくらいニキビに悩んでいる学生さんはファンデーションで隠すというのもお勧めです。
今のファンデーションってミネラル配合であったり、お肌に優しいものがあります。
きちんとメイクを落とすことと、保湿さえ十分していれば
さほどニキビに影響はないと私は思うんですよね。
ニキビが治らないのは、ストレスも大きくかかわっていると感じる私は
ファンデーションでニキビを隠すこともお勧めします。

角化異常でできてしまったニキビ

この年齢になってもニキビに悩まされるとは。。。
大人になってもできてしまうニキビ。
思春期の頃に比べるとヤケに重症化しやすいし、治りにくく厄介です。
しかも、大人ニキビって顔にできるだけじゃなく、フェイスラインやデコルテ、背中にまでできるから本当に気が抜けないんですよね。
今回も気が付けばデコルテ部分に大人ニキビができていました。
デコルテ部分って意外に目立つでしょ。
しかも、一番女性らしさをアピールできる部分だからそんなところに大人ニキビが出来ちゃっただなんて、微々たる自分の魅力がさらに半減ですよ。
そんな、がっかりの大人ニキビの原因について調べてみました。

■厄介な大人ニキビの原因って?
大人ニキビができる原因には“角化異常”という、何とも難しい言葉の現象によってできるものだそうです。

■角化異常とは
角化異常とは、ストレスや紫外線などの外的刺激や生活習慣などによる
ターンオーバーの乱れが引き起こすものです。
ターンオーバーが乱れることで古い角質はお肌に蓄積されてしまっている状態を言います。

■角化異常とニキビの関係とは
角化異常によって古い角質が蓄積されていくと、毛穴もふさがれていきます。
毛穴にたまった皮脂まで排出できない状態になることで
皮脂が詰まった毛穴に雑菌やアクネ菌が増殖することでニキビになるという仕組みになっています。
角化異常さえ防げば大人ニキビも防げるに違いありません。

■角化異常を防ぐ方法
・食生活の改善
肉、脂っこい食事、炭水化物ばかりの食べてしまうなど食事の内容が偏っていると
お肌のターンオーバーに大切なたんぱく質やビタミン類が不足してしまいます。
角化異常の原因であるターンオーバーの乱れを防ぐには
大豆製品などから良質のタンパク質をとる、野菜でビタミンを補うなど食生活の見直しが必要です。
・ストレス解消
ストレスを感じた時に分泌されるコレチゾールという抗ストレスホルモンの作用によって
皮脂の分泌が多くなり、角質を厚くさせることで角化異常を引き起こします。
ストレスを感じないようにするって、できるもんじゃないけれど
暴飲暴食以外にストレスを発散させる方法を見つけるしかなさそうです。

・十分な睡眠
ターンオーバーがされるのは成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時の間です。
この間には就寝することを心掛けたいものです。
寝不足って、ストレスにもなるし、早寝早起きは美肌にとってやっぱり必須なんですね。

・紫外線対策
紫外線を浴びることで角質が分厚くなるのも角化異常を引き起こす原因です。
紫外線を浴びると肌の細胞は破壊されるのですが、それを防ごうと角質が分厚くなる仕組みです。
また、紫外線を浴びると活性酸素が発生して肌機能を低下させてしまいます。
肌機能が低下することで肌のターンオーバーもうまくいかなくなるため、各会場の原因になるんです。

・十分な保湿
角化異常は保湿不足も原因の一つです。
お肌が乾燥すると水分の蒸発を防ごうと角質が分厚くなります。
また、水分の代わりに肌は皮脂を出して潤わせる働きがあり、これが各会場につながる原因となってしまうんです。
ちなみに、顔のテカりの原因も保湿不足によるものなんですよ。

角化異常は顔だけでなく、デコルテや背中など全身の皮膚に言えることです。
露出部分には日焼け止めを塗る、体を洗う時もゴシゴシ洗いをしない、お風呂上りには全身保湿することも忘れないよう心掛けてみるしかなさそうです。

アルカリ性洗顔料がニキビに効くとされる理由について調査してみました。

アルカリ性って弱酸性に比べてお肌に良くないイメージ。
洗顔料のCMともなると弱酸性を大きく打ち出してるでしょ。
だから余計に弱酸性はお肌に良い!
そんなイメージがあるんですよね。
たしかに、お肌は皮脂によって弱酸性だから、弱酸性をうたった洗顔料はお肌に優しいんでしょう。
でも、ニキビ肌ともなると、話は変わってきます。
ニキビにはアルカリ性洗顔料の方が良いそうです。
アルカリ性洗顔料がニキビに効くとされる理由について調査してみました。

■アルカリ性洗顔料がニキビに効く理由
ニキビはもともと毛穴に皮脂や雑菌が詰まることで、アクネ菌が増殖することで引き起こす肌トラブルです。
なので、まずは毛穴を詰まらせないことがニキビ治療の第一条件となります。
弱酸性はお肌に優しいものの、洗浄力が低い。
逆にアルカリ性洗顔料は洗浄力が高いので、毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い流せるため
ニキビに効くと言われているんです。

■アルカリ性洗顔料を使う上での注意点
・しっかり保湿をしましょう
洗浄力が高いアルカリ性洗顔料は、人によっては洗顔後に肌がつっぱるなど
肌の乾燥を感じることがあります。
肌の乾燥も、ニキビの原因になるため、洗顔後にはしっかりと保湿ケアをしましょう。

・良く泡立てた泡で洗顔しましょう
いくらアルカリ性洗顔を使っているとは言っても、泡立て方が不十分だと
きちんと毛穴に届きません。
洗顔料をしっかり泡立てて、きめの細かい泡でケアの中の汚れを取り除きましょう。
さらに、手の摩擦で汚れを取るのではなく泡で汚れを取るというイメージで
摩擦を避けた洗顔方法で洗い流しましょう。

■アルカリ性洗顔料の選び方
ニキビ治療専用と書いてある洗顔料の多くはアルカリ性洗顔料になっていますが、
それ以外だと、成分表に脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムと書かれた製品であれば
アルカリ性洗顔料です。
アルカリ性洗顔料の中には、無添加であったり天然成分だけでできた商品もあり
お肌が弱い方でも使える物も増えてきています。
商品によっては赤ちゃんでも使えるアルカリ性石鹸もあるほどなので
お肌の弱い方はこうした商品を選ぶと安心ですね。

ニキビって速攻治るわけじゃないし、悪化しちゃうと色素沈着や
クレーター状態になるなど、さらに長い治療になってしまうので
ニキビを作らないケアが大切だと、実感しています。
基本はやっぱり皮脂を適度に除去するということ。
私はルナメアACを使っています。
アルカリ性洗顔料でニキビを作らない肌環境にすることも大切ですが、
たんぱく質やビタミンを食事でしっかりとることも心がけていきましょう。